医療機器業界 将来性

HOME ≫ 中途採用での転職を目指す ≫ 医療機器業界 将来性

医療機器業界の将来性について

医療機器業界は今後どうなる?

医療機器業界の将来性について記載しているページです。

業界規模が2兆円を超える医療機器業界ですが、将来性が気になるところですね。将来的にも成長が見込めるなら転職しやすいですし、次に入職する医療機器メーカーでの昇給、ボーナスアップも期待できます。

逆に将来性が低ければ、今は良くてもゆくゆくジリ貧となり、好条件の求人募集を探しても見つからない、結果的に他業界へ転職せざるを得ないこともあるでしょう。

そうなれば今まで磨いたスキル、積み重ねたキャリアを活かしづらくなりますし、安定成長が見込める業界かどうかが重要になりますね。

結論から申し上げると、医療機器業界は今後も堅実な成長が見込めると言えます。平成17年から25年まで、右肩上がりに伸びていますし、一般的に景気の動向を受けにくいという特徴もあります。

高度成長期のように日本全体が好景気なら右肩上がりも分かりますが、リーマンショックを初め景気が低迷(後退)していた時期も、医療機器業界が堅実に成長を続けているのは大きなポイントと言えるでしょう。

すでに高齢化社会ではありますが、その流れは今後も変わらず、更に超高齢化社会が訪れると言われています。

医療機器メーカー選びが大切になります

2015年現在も高齢者を収容する特別養護老人ホームの数が足りず、都市部によっては入居まで数ヶ月待ちの状況が続いていますし、政府としても、在宅介護を積極的に推進するそうです。

今後も先進国は高齢化が進みますし、新興国は医療水準の向上が考えられますので、その影響で医療機器業界は安定成長が期待できると言えるでしょう。

近年、異業種からの参入も相次いでいる医療機器業界なので、新たな雇用のチャンスも生じていますし、将来性は高いと予測できますね。

ただし業界全体は成長傾向としても、各医療機器メーカーによって異なる部分も多いです。

その会社の製品が一定の市場シェアを占めているかどうか、今後もシェアを伸ばせるかどうか、次世代製品が期待できるかなど、各会社によって状況は異なりますので、転職先は慎重に決めると良いでしょう。

会社選びは人生のターニングポイントになりますし、どの会社で経験を積むのか、スキルを磨くかによって、今後のライフプランも変わってくるはずです。

そのためにも、まずは医療機器業界の求人に強い紹介会社に登録して、情報収集を行ってみて下さい。紹介会社は無料で利用できますし、現在のあなたの状況を踏まえて、おすすめの求人を紹介してくれますよ。

気軽に会員登録を行ってみてはどうでしょうか?

→【医療機器営業の転職支援に強い】人材紹介会社をお探しの方はこちら