医療機器営業の年収

HOME ≫ 中途採用での転職を目指す ≫ 医療機器メーカーの給料って良いの?

医療機器メーカーの給料って良いの?

医療機器営業の年収は平均年収よりも高い

転職を考えたとき、年収や待遇は重要なポイントですよね。

出来れば少しでも年収は上がると嬉しいですし、待遇も良い方が決まっています。

希望の仕事内容であると、さらに言うことはないですね。

しかし、年収ありきの転職(仕事内容をあまり吟味しなかった場合)は後で失敗したと感じる事も多々あると言うことですから、あまり給料、年収にばかりこだわってしまうのも考えものといえるでしょう。

さて、医療機器メーカーの営業職の年収ですが、20代、30代、40代ともに年収の平均的な相場よりは高収入を得ているという数字になっています。

医療機器メーカーにも様々な規模の企業があります。
大規模だから高収入、というわけではありません。

少数精鋭で、無駄な経費を省き、その分社員に給料として還元しようという考えを持つ社長の下、人事を決めている会社もあります。

そうした情報というのはなかなか自分では入手できませんし、求人票などからは見えてきません。

転職エージェントを利用する事で、そうした情報も得やすくなります。

外資系企業の方がより高収入の傾向がある

また、未経験者の場合には直接応募よりも、転職エージェントを介して応募した方が他業界での営業実績もアピールしやすい事もあります。

未経験者歓迎と求人では掲載していてもハードルは高いです。

話は戻りますが、年収に関しては外資系企業の医療機器メーカーの方が給料に実績が反映されやすいため、給料アップの仕方も大きいです。

その分実績に関してはシビアに見られますが、スキルを磨いてしっかり働いていきたいという営業の方には向いているのではないでしょうか。

実績をあげ、30代で部長などに昇進できれば、年収1,000万円は超えてくるでしょう。

医療機器営業の平均年収も参考にしてみて頂ければと思います。

→【医療機器営業の転職支援に強い】人材紹介会社をお探しの方はこちら