医療機器 中途採用

HOME ≫ 中途採用での転職を目指す ≫ 中途採用、求人が増える狙い目の時期

求人が多い時期に転職活動をすると採用される可能性は高まる

求人が増える時期は求人情報をしっかりと得られるようにしておく

医療機器営業への転職を希望されている方も多いと思います。

MRと医療機器営業とで迷っている方もいるかもしれませんね。

MRとして働くには資格取得が必要ですが、医療機器営業は資格取得の必要はありません。

どちらも医師(ドクター)に情報提供をする仕事ですが、扱う製品は異なってきます。

未経験から医療業界での営業職への転職を目指す方も多いと思いますが、求人への応募の際には、どういった仕事をしていきたいのかをぜひしっかりと情報収集をして検討して頂きたいと思います。

医療機器営業の中途採用を目指すのであれば、やはり求人が多い時期に転職活動をすると、可能性は高まるといえるでしょう。

他の職種と同様に、医療機器営業の求人も年明け2月、3月をピークとして、9月、10月頃に増える傾向があります。

もし転職をするにあたり、時期的にこのあたりを狙えるのであれば、3月、9月の求人情報をしっかりと得られるようにしておきたいところです。

紹介会社を利用して転職活動を有利に進める

医療機器営業の求人は非公開とされているものもあります。

より多くの情報を効率良く得るためには、医療機器業界への転職支援を行っている転職サイト、人材紹介会社の利用を検討してみてください。

⇒ 医療機器業界への転職にも強い【DODAエージェントサービス】

様々な事を代行してくれますから、求人探し以外にも利用するメリットは大きいです。

必要に応じて、給料交渉も行ってくれます。

医療機器業界は人材の流動性が高い業界、といわれます。

それは外資系企業が多い事も理由となっているのかもしれません。

キャリアアップや年収アップのための転職は、思った以上多いですし、引き抜き・ヘッドハンティングによって会社を変わる人材もいます。 ですから、中途採用は比較的多いといえるかもしれません。

年収も他の業界の営業職よりも高めの場合が多いです。

医療機器営業の求人をじっくりと比較してみて頂きたいと思います。

→【医療機器営業の転職支援に強い】人材紹介会社をお探しの方はこちら