医療機器メーカーの営業の給料

HOME ≫ 医療機器営業に転職するには ≫ 医療機器営業の平均年収

医療機器営業の平均年収

一般的な営業職よりも高い

医療機器営業の全体の平均年収は、およそ502万円ほどになるそうです。

勤務年数やクラスにもよりますが、25〜29歳の平均年収が427万円30〜34歳の平均年収は511万円35〜39歳の平均年収は602万円と高い水準にあるといえるでしょう。

特に35歳以上の方の中には最高年収額が1,300万円ほどになるということもあるようです。

一般的な営業と比べると給料は良いと言えるでしょう

歩合がある会社とない会社がありますが、歩合制を採用している会社は少ないようです。

基本給であることが一般的で、その上に残業代も加算されます。

だたやはり営業職なので時間の縛りが多いですし、仕事内容も厳しいため基本給そのものが高めに設定されていることが多いですね。

外資系・日系の給与制度の違い

給与アップを目指すならば、売り上げを伸ばすなどの実績を出すことが大切です。

仕事に打ち込めばその姿勢も認められ、見返りもあるという点に魅力を感じている人も多く、スキルを磨けば年収アップにも繋がるでしょう。

医療機器メーカーは外資系日系かで給与制度も違いますが、外資系の企業ですと成果が基本給にプラスされることが多く、日系の企業は固定給のみで成功報酬などはボーナスに加算されるところが多いようです。

どちらにしても成果を出すことは自分にとってもプラスとなりますので、やる気を持って仕事に打ち込んでいる方は多いですね。

ですがどの医療機器メーカーでも言えることは、給与自体は一般的な企業よりも高水準ですので大企業並みの給与がある、ということです。

→【医療機器営業の転職支援に強い】人材紹介会社をお探しの方はこちら