営業に転職 職務経歴書

HOME ≫ 医療機器営業に転職するには ≫ 職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方

合否に密接に関係する職務経歴書

書類選考は職務経歴書で行われることが多く、採用に重要な要素を占めています。

面接でも職務経歴書からの情報で行われることが多く、今では履歴書よりも重視される事があります

合否に密接に関係してくるので、職務経歴書に有用となる情報を入れておくと面接の場でも良い印象を与えることもできますし、逆に適当な書き方をしていては落とされてしまう可能性もあります

職務経歴書には自分の経験やスキルを書いていくのですが、いきなり本番で書き出すと失敗してしまいます。

ですので、自分はどのような経験やスキルがあるのかをまずは別の紙に書き出してみましょう。
そしてそれぞれの経験に細かい肉付けをしていきます。

担当製品や担当エリア、業務内容、かかわったプロジェクトや自分が出した成果、成功エピソードなどなるべく細かく情報を付け足していきます。

面接官からも読みやすい文章を意識する

専門用語や略語の使用は少なくして、専門用語が出てくる場合には注釈などをつけて読む人が理解しやすいように文章を組み立てていきましょう。

そして出来上がった文章のくどい部分を削ったりして、文章がスムーズに進められているかを確認しておきましょう。

経歴が出来上がったらレイアウトを組み立てていきます。

長文はできるだけ避け、箇条書きなどを使用したり、繰り返しなどの余分な言葉を削って読みやすい文章にしていきましょう。

担当製品、担当エリア、業務内容などの項目を作って、項目別に記述するとパッと見たときに頭に入りやすいため読みやすくなりますね。

最後には自分が面接官になったつもりで、第三者目線で経歴書を読み、書いてあることが具体的にイメージできるか必ずチェックしましょう。

→【医療機器営業の転職支援に強い】人材紹介会社をお探しの方はこちら