医療機器メーカーの採用状況

HOME ≫ 医療機器営業に転職するには ≫ 最近の採用状況

最近の採用状況

求められる人材

医療機器営業は独特な業界であるため、即戦力になる人材を求めている傾向があるようです。

転職活動においても、営業経験者が有利である状況はないとは言えず、また業務内容から専門知識のある人材が求められているのも事実なのです。

営業実績を多数残してきた人材を厳選して採用決定することも多く、他の営業職よりもその傾向が顕著であることも否めません。

しかし、全ての医療機器メーカーがそうとは限らず、医療機器営業の経験の有無に問わず採用をしている求人もたくさんあります

20代の新人を育てようという企業も多く、そういった企業では未経験でも就職することが可能です。

若手だけではなく、営業リーダーや営業部長などの管理職の求人も、数は少ないですが存在します。

管理職の募集をすることも

医療機器業界はその特殊な業界から、一部の超大手企業の他はほとんどが中堅、中小企業です。

社員数も10名〜100名程度の会社が多く、一から人材を育てている余裕があまりないというのが現状です。

自社製品についての知識を教える、という意味での研修はどんな企業でも行われていますが、管理職研修などの研修は大手以外ではあまり実施されていません。

そのため社内で管理職を育てることが困難となり、管理職募集をしなければならないということがあるようです。

全体的な傾向としては、やはり専門知識のある人材が求められることが多いので、医療機器営業に就きたい場合は専門知識や営業実績を積み重ねておくことが重要となるでしょう。

→【医療機器営業の転職支援に強い】人材紹介会社をお探しの方はこちら