医療機器メーカーの営業に転職するには

≫  HOME
医療機器メーカー営業 求人【転職に強い紹介会社】

医療機器営業の転職にオススメの転職サイトをチェック!

医療機器メーカーへ転職を希望している方は、医療業界に強い転職サイトを利用するのがオススメ!非公開求人の紹介もしてもらえます。

DODAエージェントサービス

DODAエージェントサービス
★ ★ ★ ★ ★

医療機器業界に転職するならDODAエージェントサービス!

DODAエージェントサービス(デューダ)なら、日本最大級の求人数の中から希望の転職先を探せます。企業からの信頼も厚く、他の紹介会社にはないDODAエージェントサービスだけの非公開求人も多数あります。

求人票には掲載されない会社の雰囲気・方針などの情報提供や、選考書類作成の秘訣・面接対策など、DODAエージェントサービス独自のノウハウで転職成功の可能性をアップ!

リクルートエージェント

リクルートエージェント
★ ★ ★ ★ ★

数々の転職成功実績を持つリクルートエージェント!

リクルートエージェントでは業界・職種に対する専門的な知識を持つ経験豊富なキャリアアドバイザーが転職をサポート。非公開求人も含めた、希望に合った求人を厳選して紹介してもらえます。

面接に関するセミナーの開催、選考のポイント・社風など独自に分析した詳しい企業情報の提供等、転職支援サービス申込者のみを対象にした独自のサービスを受けられます。

医療機器営業の仕事内容

取引のある顧客へのルート営業が基本

医療機器営業はルート営業となり、取引履歴のある顧客への営業が主な仕事となります。

CTスキャンやMRIなどの大きな診断装置から、治療器具や準証文品などの小物類まで取り扱います

他にも新製品が出ればそれのPR活動や顧客からの要望に応じて必要情報を提供したり、見積もりをとって同業者と駆け引きなどを行います。

ルート営業をして各病院に注文品を納品していくのですが、機器の納入などもほぼ一人で行うことになります。

一人で運べない場合はメーカーや商社への納入サポートをすることになります。

専門用語が多いのが苦労する点

医療機器ということで何か特別な印象を受けますが、仕事内容としては他の営業とほとんど変わりはありません

しかし他と比べて大変なのは、専門用語が多いことでしょう。
各メーカーによって器具などの呼び方が違う場合もあり、慣れない内はそれに戸惑うことも少なくはありません。

器具の量も数え切れないほどあり、ちょっとした違いやサイズなどで呼び方が違うこともあるようです。
パッと言われてもどのメーカーのものか、どのサイズなのかわからないことも多く、顧客側に急かされると困惑してしまうこともあるようですね。

相手が個人病院ならば比較的楽なようですが、大きな病院になると扱っている科も多くなり、その全ての科から注文をとり納品をしていかなくてはならず、記憶が苦手な方には大変な仕事となるかもしれません。

また商品の流れが早いので、納期の厳守は一番重要なことといえるでしょう。

医療機器メーカーの営業、年収は良いの?

医療機器営業の仕事は、他業界の営業職よりも年収の相場としては高いといえるでしょう。

扱っている製品(医療機器)の粗利が高い企業であればそれだけ実績(売上げ)を挙げることが出来れば人事評価の際に評価されますので、年収やボーナスとして報われることになります。

外資系企業が多い事も評価が比較的ダイナミックな事に関係していると言えます。

医療機器を扱う会社への中途採用、転職を目指すのであれば転職サイトを上手く活用して求人を見つける必要があります。

転職サイトはそれぞれで掲載している求人が違ってきますので、出来ればいくつかのサイトに掲載されている求人をチェックする事をおすすめします。

メディカル業界に強い【DODAエージェントサービス】などは、利用する価値はあるのではないでしょうか。
実際、多くの医療機器営業求人が掲載されていますし、転職支援実績もあるということです。